Question: ゴルリン症候群はどのように見えますか?

ゴルリン症候群のその他の特徴には、足の手のひらや足の裏の皮膚の小さな窪み(ピット)が含まれています。顕著な額を持つ異常に大きい頭のサイズ(マクロ彫り)。脊椎、肋骨、または頭蓋骨を含む骨格の異常。

基底細胞癌の内側はどのように見えますか?

まず、基底細胞癌は肉のように見える小さな「真珠」バンプのように登場します着色されたモルやにきびがなくなっていません。時々これらの成長は暗く見えることがあります。あるいは、わずかに鱗状の光沢のあるピンクや赤のパッチを見ることもできます。気を注意するもう1つの症状は、ワックスの硬い皮膚の成長です。

基底細胞癌腫を除去しない場合はどうなりますか?

治療なしで、A基底細胞癌は成長する可能性があります - あなたの体の大きな皮膚の皮膚を包含することができます。さらに、基底細胞癌は、潰瘍を引き起こし、皮膚および周囲の組織を永久的に損傷する可能性があります。

基底細胞癌の平均サイズは何ですか?

病変の平均直径は12.2 mmでした。最大の病変は5.3 cm、最小の0.2 cmで測定されました。採取されたマージンは、静脈顔面領域で3~5 mm、唇、耳、およびまぶたとして2~3mm、他の地域で5~10mmであった。

ゴルリン症候群の治療法はありますか?

ゴルリン症候群の治療法はありませんが、治療法があります。現在、ゴルリン症候群自体の治療や治療法はありません。むしろ、ゴルリン症候群の治療は、疾患によって引き起こされる腫瘍および嚢胞の予防、管理および除去に伴って中心を伴う。

Tell us about you

Find us at the office

Lekan- Stathem street no. 87, 42588 Bujumbura, Burundi

Give us a ring

Wessley Becan
+61 215 674 565
Mon - Fri, 11:00-18:00

Say hello