Question: 一日中姿勢補正者を着用するのは悪いですか?

適切な姿勢を維持し、怪我を防止し、首とバックひずみを減らし、頭痛を軽減するための鍵です。姿勢補正者を一日に数時間、あなたのトレーニングの姿勢固有の演習を含めることはあなたがあなたの背骨をサポートする筋肉を訓練し強化するのを助けることができます。

姿勢補正器を着用する必要がありますか?

一般的な規則これらのデバイスの親指の一日は、15~20分で始まり、あなたの体が適切な位置決めに慣れているまで、1日30分から1時間の時間を追加することです」と、Okubadejo博士は説明します。

は姿勢補正器の悪い?

残念ながら、いいえ。姿勢ブレースがあなたの肩を取り戻すのに役立つかもしれないが、それは首の後ろまたは背中の後ろの筋肉を強化することはありません。それで、それがそれがオンになっている間に助けるかもしれない間、あなたがそれを脱ぐときにあなたの肩を去るでしょう。

姿勢補正器で眠るべきですか?

着用中に眠っているためのバックブレースベッドへのバックブレースは長期的な解決策であるべきではありません、そうすることはあなたに夜間の痛みの短期的な救済を与えることができます。睡眠のためのブレース性の腰の裏側サポートは、熱または氷の治療のためのゲルパックを保持することができるポケットを持っています。これは夜に戻ってくるのは素晴らしい方法です。

姿勢矯正治療は働いていますか?

は、スマートポスチャー補正具はあなたの体をまっすぐにするための即時の思い出させるように役立ちます。その意味では即座に見るでしょう結果。あなたがデバイスを着ている限り、あなたは背が高く、トリマーに見えます。しかし、これらの結果に最長の効果を持つためには、少なくとも2週間のトレーニングを続ける必要があります。

姿勢補正者は筋肉を弱めますか?

長すぎる姿勢補正器を着用した場合は実際の副作用があります。あなたの体がブレースに慣れてくるならば、あなたはあなたの中心的な筋肉を弱めることができ、さらにより多くの怪我やあなたの体に損傷を与えることができます。あなたの体はあなたの関節により多くのストレスを配置することによって新しい弱い筋肉を補償します。

医師はどのような姿勢補正を推薦しますか?

アスペン姿勢補正装置は腰椎のサポートを提供し、腰部の問題を治療するためのトップピックです。 Vokshoorは、それが多くの人々が本当に必要とするコアの安定性を提供し、それはまたあなたが圧縮のレベルを管理することを可能にします。

Tell us about you

Find us at the office

Lekan- Stathem street no. 87, 42588 Bujumbura, Burundi

Give us a ring

Wessley Becan
+61 215 674 565
Mon - Fri, 11:00-18:00

Say hello